TradingView(トレーディングビュー)のandroidアプリを解説!

TradingView(トレーディングビュー)

TradingView(トレーディングビュー)のアプリはiPhone版はありましたが、android版はありませんでした。

ですが2018年11月22日に、ついにandroid版のTradingViewアプリがリリースされました!

ボクも実際にアプリをインストールしたので、簡単な操作方法を解説していきます。

スポンサーリンク

Trading View(トレーディングビュー)アプリでできること、できないこと

まずはアプリでできること、できないことを確認していきましょう!

出来ること①:無料アカウントでも複数の端末で同時にログインができる

Trading Viewは複数の端末で同時にログインができるのですが、その機能は有料アカウントのみです。

無料アカウントだと例えばパソコンからログインしている状態で、スマホからTrading Viewにログインするには、パソコン側をログアウトする必要がありました。

だけど無料アカウントで複数端末を使った同時ログインができないのは、ウェブ版同士のことです。

パソコンでウェブ版のTradingViewにログインしている状態で、スマホからアプリ版のTradingViewにはログインすることはできました!

パソコンとスマホ、2つの端末で同時ログインができれば、ほぼ問題ないでしょう。

アプリ版同士でも同時ログインが可能です。
スマホとタブレットでアプリをインストールしていますが、ログアウトせずに使えます。

 

出来ること②:パソコンで設定したチャートをスマホで確認できる

TradingViewのウェブ版とアプリ版は同期しているので、パソコンで設定したインジケーターや引いたラインも、スマホから同じチャートを確認することができます。

ウェブ版とアプリ版のチャートが同期できるのは、ボクが知っている限りTradingViewだけです。

 

出来ないこと①:日本語対応がされていない⇒アップデートで日本語対応されました!

TradingViewのアプリは日本語対応がされておらず、すべて英語表記になっています。

なので分かりにい部分もありますが、操作はウェブ版と同じなので、ほとんど困らないでしょう。

最近のアップデートで日本語対応されました!

こうして問題のあったところが改善されていくのを見ると、運営に好印象を持ちます。

 

出来ないこと②:一部機能がカットされている

確認するとウェブ版の右側にあるメニューバーが、アプリ版にはありません。

なのでチャット機能などの一部機能はアプリ版では使えない点は注意が必要です。

ウォッチリストとアラート機能、アイデア機能は使えます。

一部機能が使えないのは残念ですが、それでも外出先でTradingViewがストレスなく使えるのは最高です。

スポンサーリンク

TradingView(トレーディングビュー)アプリの使い方

アプリ版の使い方はウェブ版とほとんど同じですが、アプリ版から使い始める人のために、簡単な説明をしていきましょう。

アプリをインストールしていない人は、こちらのリンクからインストールできます。

TradingView

TradingView
開発元:TradingView
無料
posted withアプリーチ

ログイン方法

アプリをインストールして起動したら、初期のウォッチリスト(銘柄リスト)が表示されます。

左上のボタンをタップすると、ログイン画面に移動します。

 

ログイン画面ではTradingViewに登録しているユーザー名またはメールアドレスと、パスワードを入力してログインできます。

まだアカウントを開設していないなら、「サインアップ」のタブから登録することもできます。

簡単な操作説明

ログインが完了すると、アプリから始めた人は初期のウォッチリスト(銘柄リスト)が表示されて、すでにウェブ版を使用している人は、ウェブ版で使用しているウォッチリストが表示されます。

この画面では登録したウォッチリストの切り替え、リストの並べ替え、シンボル(銘柄)の追加ができます。

チャートを確認したい場合は、ウォッチリストに表示された確認したいシンボルをタップしたら表示されます。

 

チャート画面ではウェブ版と同じボタンの配列です。

画面サイズの問題で画面に表示されていないツールも、スライドすることで表示できます。

※アップデートされて、いまこの画面は日本語表記されています。

普段からウェブ版のTradingViewを操作しているなら、問題なく使えるでしょう!

ボクのブログでもいくつかの操作方法は個別の記事で解説しているので、こちらも参考にしてください。

 

 

 

最後に

TradingView(トレーディングビュー)がアプリで使えるようになって、ますます使いやすくなりました。

TradingViewを使いこなして、快適なトレードをしましょう!