【2020年版】TradingViewの年間有料プランが最大60%オフ!ブラックフライデーとサイバーマンデーが開催!!

TradingView(トレーディングビュー)
2020年のブラックフライデー&サイバーマンデーセールは終了しました

 

2020年11月23日~12月1日の期間限定で、TradingView(トレーディングビュー)でブラックフライデーとサイバーマンデーが開催されます!!

期間中はTradingView(トレーディングビュー)の年間有料プランが最大60%オフ+1ヶ月無料となる、超お得なセールです。

新規ユーザーはもちろん、有料プランにするかどうか迷っている既存ユーザーも、このチャンスを逃さないでください。

ブラックフライデーとサイバーマンデーとは?

ブラックフライデーとはアメリカの感謝祭(11月の第四木曜日)の翌日金曜日のことで、サイバーマンデーはアメリカの感謝祭(11月の第四木曜日)後の、翌週月曜日のことです。

ブラックフライデーとサイバーマンデーの当日、期間中は大規模な安売りが行われることで有名で、アメリカではこのセールを目当てに店舗には人が大勢押し寄せるみたいです。(今年はコロナの影響でどうなるのでしょうか?)

 

TradingView(トレーディングビュー)でも11月23日~12月1日の9日間は、ブラックフライデー&サイバーマンデーセールということで、年間有料プランが最大60%オフ+1ヶ月無料で契約できます!

TradingView(トレーディングビュー)のブラックフライデー&サイバーマンデーの会場はこちら

TradingView(トレーディングビュー)の各有料プランの割引率

TradingView(トレーディングビュー)の有料プランにはProPro+Premiumの3つのプランがあります。

ブラックフライデーとサイバーマンデーのセール期間では、通常価格からProが40%オフPro+が50%オフ、一番高いPremiumが60%オフで契約できて、さらにおまけで1ヶ月無料が付いてきます。

通常価格(12ヶ月契約)とセール価格(13ヶ月契約)の比較
 ※1ドル=105円で計算

  • Pro:
    18,837円(40%オフ)⇒11,340円(-7,497円
  • Pro+:
    37,737円(50%オフ)⇒18,795円(-18,942円
  • Premium:
    75,537円(60%オフ)⇒30,240円(-45,297円

おススメのプランはどれか?

各プランの違いについては別記事でまとめていますので、ここでは各プランの主な違いをまとめた表を載せておきます。

無料有料
ProPro+Premium
一つのタブに表示できるチャート数1248
一度に設定できるインジケーターの数351025
インジケーターにインジケーターを設定できる数11924
一度に設定できるアラートの数11030400
カスタム時間足の設定×
秒足の表示×××
非時系列チャートの日中足の表示××
出来高プロファイル×
スポンサー広告の有無有り無し

 

この中で一番コストパフォーマンスに優れているプランは、真ん中のプランであるPro+です!

通常価格では一番安いプランであるProですが、セール期間中なら通常価格のProよりも安くPro+を契約することができます。

【Pro(通常価格)とPro+(セール価格)の年間プランの価格差】
 ※1ドル=105円で計算

  • Pro(通常価格)
    :18,837円(月額1,570円/12ヶ月)
  • Pro+(セール価格)
    :18,795円(月額1,446円/13ヶ月)

プラン毎の大きな違いは、一つのタブで表示できるチャート数やアラートの数、設定できるインジケータの数です。

上の表を見てもらうと人によってはProでは少し物足りないときがありますが、Pro+なら大多数のトレーダーを満足させる機能がそろっています。

どのプランにするか迷ったなら、Pro+にしておけば間違いないでしょう。

 

一年に一度の期間限定セールを利用して、60%オフの恩恵を得られるPremiumを選ぶのもありです。

特に一つのタブで多くのチャートを表示させたい場合、Pro+は4つまでですが、Premiumなら最大8つ表示することができます。

一度に多くの銘柄を監視するトレードをする人は、Premiumがオススメです。

  • 迷ったら一番コスパのいいPro+!
  • 最大60%の恩恵を受けられるPremiumを選択するのもあり。

最後に:年に一度のお祭りを見逃すな!

ブラックフライデーとサイバーマンデーセールは毎年していますが、今年を逃すとまた一年待つことになります。

有料プランを契約するか迷っているユーザーは、この機会を逃さないようにしてください。

TradingView(トレーディングビュー)のブラックフライデー&サイバーマンデーの会場はこちら

 

TradingView(トレーディングビュー)の無料、有料登録方法はこちらの記事でまとめています。