TradingView(トレーディングビュー)でチャートを重ねて比較する方法

TradingView(トレーディングビュー)

TradingView(トレーディングビュー)は表示しているチャートに、違う銘柄のチャートを重ねて表示できます。

違う銘柄のチャートを重ねて比較することで、相関性を視覚的に確認することができますよ。

この記事ではその方法を紹介します。

スポンサーリンク

チャートを重ねて表示した例

チャートを重ねる方法には「比較」と「シンボルの追加」の2つがあります。

「比較」は画面左端をスタート地点(0%)として、いくら増減したかで表示されます。

 

シンボルの追加」は価格の動きをそのまま表示し、メインのチャートの上に重ねて表示するか、チャートの下に表示させるか選ぶことができます。

比較」と「シンボルの追加」どちらを使うかは、分析の用途で使い分けるといいでしょう。

 

例としてドル/円とユーロ/ドルのチャートを重ねましたが、矢印で指したあたりから逆相関(ドル/円が上昇すれば、ユーロ/ドルが下落)になっているのが分かります。

このようにチャートを重ねて表示すると、視覚的に相関性を確認できて便利です。

チャートを重ねて表示する方法

①「⊕(比較、またはシンボルの追加)」をクリック

重ねて比較したいチャートを開いて、TradingViewの上側にある「⊕(比較、またはシンボルの追加)」をクリックして設定画面を開きます。

説明のための画像はウェブ版のものですが、アプリ版でも同じ場所にあるのでタップしてください。

 

②重ねて表示したいチャートを選択する

設定画面を開いたら「比較」と「シンボルの追加」2つのタブがあります。

まずは「比較」から説明します。

主要な株価指数を表示したいときはチェックボックスがあるので、表示したい株価指数にチェックを入れると表示されます。

 

株価指数以外の銘柄を表示したいときは、検索窓に表示したい銘柄を入力します。(例としてユーロ/ドルのチャートを表示したいので、検索窓に「EURUSD」と入力)

検索結果が出てくるので、出てきた候補から表示したいチャートを選んでクリックしてください。

 

ここまでやるとメインのチャートに、ユーロ/ドルのラインチャートが重なって表示されました。

 

次は「シンボルの追加」を説明します。

チャートを追加する方法は「比較」のときと同じです。(銘柄検索して候補の中から選ぶ)

「シンボルの追加」はメインチャートに重ねて表示するか、メインチャートの下側に追加するか選べます。

メインチャートに重ねる」のチェックボックスにチェックを入れたら重ねて表示されて、チェックを外せばメインチャートの下側にチャートが追加されます。

重ねて表示したチャートをカスタマイズする方法

TradingViewはチャートのカスタマイズ性(足の種類を変えたり、足の色を変えたり)も優れていますが、重ねて表示したチャートもカスタマイズすることができます。

表示したチャートにカーソルを持っていくと歯車マーク(設定)があるので、そこをクリックすると設定画面が出てきます。

 

比較」で重ねたチャートはラインチャートの色と太さしか変更できませんが、

 

シンボルの追加」で重ねたチャートは、ラインチャート以外にローソク足やバーチャートなど、チャートの種類が選べます。

 

TradingViewで表示できるチャートに関しては、こちらの記事を参考にしてください。