TradingView(トレーディングビュー)でバックテストする方法

TradingView(トレーディングビュー)

自分のトレード手法を作るには、過去チャートを使ったバックテストが有効です。

今回はTradingview(トレーディングビュー)を使ったバックテストの方法を紹介します。

スポンサーリンク

検証ソフトの問題点

バックテストをするには専用の検証ソフトがあります。

検証ソフトはForex Tester(フォレックステスター)なんかが有名ですね。

ボクも実際に購入して使っていましたが、1つ大きな問題がありました。

それは検証ソフトのチャートと実際のチャートが合っていないことです。

「検証ソフトのある日のローソク足は陽線なのに、実際のチャートで同じ日のローソク足を見ると陰線だった」というぐあいに、検証ソフトのチャートと実際のチャートとの整合性がなかったのです。

これは検証ソフトが悪いわけではありません。

検証ソフトでは過去チャートを作るのに、ヒストリカルデータ(過去チャートのデータ)をFX会社からダウンロードします。

ダウンロードしたデータの精度が悪いと、実際とは違うチャートができてしまいます。

これは古いデータになればなるほど精度が悪くなります。

高いお金を出して検証ソフトを買ってもチャートの整合性がないなら意味がありません。

TradingView(トレーディングビュー)を使ったバックテストのデメリットとメリット

TradingView(トレーディングビュー)ではプログラムを入力して自動売買を検証する方法がありますが、ボクにそんなスキルはないので紹介できません(-_-;)

今回は裁量取引のバックテストをTradingViewでやる方法を紹介します。

いまから紹介するバックテストの方法には以下のデメリットとメリットがあります。

デメリット:トレード結果を自分で記録する必要がある

TradingViewにバックテストの機能が付いているわけではありません。

なので過去チャートを使って手法の検証はできますが、その結果は自分でパソコンに入力するなり、紙に手書きする必要があります。

検証ソフトなら売買のボタンを押すだけで損益結果を自動計算してくれるので、TradingViewでバックテストすると少しめんどくさいです。

 

メリット1:無料である

TradingViewのバックテストで使う機能は無料アカウントでも使えるので、アカウントさえ開設すれば無料でバックテストができます。

TradingViewの無料アカウントを開設していない人はこちらを参考にしてください。

TradingView(トレーディングビュー)の無料アカウント作成手順
無料チャートソフト「TradingView(トレーディングビュー)」を使うために、アカウントを作成しましょう。 アカウント作成するには5分程度の時間があれば完了します。 TradingView(トレーディングビュー)にアクセ...
以前は無料アカウントでも大丈夫でしたが、現在は有料アカウントでないと日足よりも小さい時間軸でリプレイモードを使えません。

 

メリット2:検証ソフトと違い確実なチャートが保証されている

検証ソフトで過去チャートを作ると、ダウンロードするデータの精度によって実際のチャートと整合性がないことを前述しました。

ですが普段からTradingViewのチャートを使っているなら、そのまま同じチャートを使うので、正確なチャートでバックテストができます。

TradingViewを使ったバックテストには以上の点があると分かったうえで、いまから紹介する方法を読んでください。
スポンサーリンク

TradingView(トレーディングビュー)を使ったバックテストのやり方

STEP.1

バックテストをしたい通貨ペアと時間軸のチャートを表示します。

 

STEP.2

画面上部のメニューバーの「リプレイ」をクリックします。

 

STEP.3

赤線が表示されるので、バックテストを開始したい日時に赤線を移動してクリックします。

 

クリックすると赤線より左側にあったチャート(過去)は残り、赤線より右側にあったチャート(未来)が消えます。

 

STEP.4

STEP.2の「リプレイ」をクリックしたら赤線と一緒に操作パネルも出てきます。

操作パネルの左から説明すると、

①:ジャンプする
バックテストを開始する日を選び直せます。

②:再生
「再生」をクリックするとチャートが自動で進みます。
※チャートが進むスピードは操作パネルの「スピード」から調整できます。

③:早送り
「早送り」をクリックするとチャートのローソク足が一つ分進みます。

④:リアルタイムへ
文字通り現在のチャートに戻ります。

⑤:×マーク
リプレイモードを終了して現在のチャートに戻ります。

 

STEP.5

操作パネルの「早送り」を使います。

「早送り」をクリックしてローソク足を一つづつ進めていきます。

検証したい手法のシグナルが出現したらエントリーしたと仮定して、パソコンに入力するか紙に手書きで以下のことを記録します。

1.エントリー日時

2.エントリー方向(買いか売りか)

3.ポジションサイズ

4.建値

 

STEP.6

利確か損切りのシグナルが出たら、ポジションを決済したと仮定して以下の記録を追加します。

5.決済日時

6.決済値

7.損益pips

8.損益額(決済値×損益pips)

 

STEP.7

STEP.5と6を繰り返して検証を進めていきます。

以上がTradingViewを使ったバックテストの方法です。

最後に:手間はかかるが確実な方法

TradingViewを使った裁量取引のバックテストの方法を紹介しました。

初めに言った通り検証ソフトと違い、トレードの結果を自分で記録しないといけないので手間がかかります。

しかし間違いのないチャートを使ってバックテストができる方法なので、良ければ参考にしてください。

いつの日かTradingViewにバックテストの機能が追加されることを願います。笑