TradingView(トレーディングビュー)でチャート追加する方法と確認すべきチャートまとめ

TradingView(トレーディングビュー)

TradingView(トレーディングビュー)は為替だけでなく、株や商品先物など多くの銘柄を表示することができます。

せっかくなのでTradingViewだけで、トレードに必要なチャートをまとめて表示しておきましょう。

スポンサーリンク

TradingViewでチャートを追加するには?

TradingView(トレーディングビュー)でチャートを追加するには、画面右側のウォッチリストの検索窓から検索します。

検索窓に追加したいチャートの銘柄(ティッカーコード)を入力したら、検索結果が表示されます。

表示された検索結果の中から選んでクリックすれば、チャートが追加されます。

表示しておくべきチャート

トレードする通貨ペア

検索窓にはアルファベットしか入力できないので、自分がトレードする通貨ペアを追加するなら、アルファベットで検索します。

ドル/円=USDJPY
ユーロ/ドル=EURUSD

 

通貨ペアを検索したら、数種類の検索結果が表示されます。

為替は取引会社によって取引開始する時間と終了する時間、スプレッド差で少しづつチャートに違いがありますが、チャートの提供元が以下のものならどれを選んでも大丈夫です。

  • Forex
  • OANDA
  • FXCM
スポンサーリンク

日経平均株価

日経平均株価の銘柄コード(ティッカーコード):NI225

日経平均株価は日本の代表的な株価指数です。

東京証券取引所第一部に上場する約2000銘柄の株式のうち、225銘柄を対象にしています。

 

為替市場は国同士のパワーバランスで動くので、取引する国の株価は為替に大きく影響します。

なのでトレードする通貨ペアだけでなく、代表的な株価指数も表示しておくといいでしょう。

S&P500

S&P500の銘柄コード(ティッカーコード):SPX

 

S&P500はアメリカの代表的な株価指数です。

世界経済をリードするアメリカの株価は、日経平均株価以上に注目されます。

VIX(恐怖指数)

VIXのコード(ティッカーコード):VIX

VIXは上記のS&P500の値動き(ボラティリティ)を基に算出されていて、別名恐怖指数とも呼ばれています。

なぜVIXが恐怖指数と呼ばれているのか?

普段のVIXは20前後で動いていますが、株価が暴落したときにVIXは大きく上昇するからです。

そして株価が暴落すると、為替相場にも影響が出て値動きが大きくなります。

 

下の画像はVIXのラインチャートと一緒に、ドル/円の10ATR(10日間の平均値幅)を表示したものです。

チャートを見てもらうとVIXが上昇しているのと同時期に、ドル/円の10ATRも大きく上昇してボラティリティが上がっているのが分かります。

VIXとドル/円のボラティリティが大きく上昇している理由は、2020年3月に起こったコロナショックです。

コロナショックによりそれまで静かだったドル/円相場が大きく荒れて、多くの退場者を出しました。

普段からVIXを確認しておけば、このような乱高下相場に対応できたかもしれません。

VIXが30を超えるようなら、為替相場も荒れると構えておいたほうがいいでしょう。

アメリカ国債金利

アメリカ国債金利は10年金利を長期、2年金利を短期として見るのが一般的です。

10年金利を表示するなら、銘柄コード(ティッカーコード):US10Y

2年金利を表示するなら、銘柄コード(ティッカーコード):US02Y

 

国債は国が発行する債券で、購入したら金利が支払われ、満期が来たら元本が返ってきます。

なぜアメリカ国債の金利が重要なのでしょうか?

それはアメリカ国債の金利が、相場の大暴落が始まるシグナルになるかもしれないからです。

国債には短期と長期があって、長期金利は短期金利よりも高いのが普通です。

しかし短期金利が長期金利を上回る逆転現象が起こったとき、経済が不調になる前触れと言われています。

  • 通常時:長期金利>短期金利
  • 経済不調の前触れ:長期金利<短期金利

2008年に起こったリーマン・ショックのときは、まさにアメリカ国債の長短金利が逆転しました。

なので普段から注意して見ておいて損はないでしょう。

最後に:TradingView(トレーディングビュー)は、他にもいろいろなチャートが見れます

TradingViewでチャートを追加する方法と、普段から確認しておいた方がいいと思うチャートを紹介してきました。

他にも各種ETFや商品CFD、仮想通貨にも対応しているので、必要なチャートがあれば検索して確認してみてください。